オトナになってから出来る友人

 

 

新幹線なう・・・

ダイエット中って、なんでこうもおなかが空くのかな。

 

昨夜は夜中まで友人たちと飲んでて(ゆうてもほぼウーロン茶のウーロンハイw)楽しかったなー。

 

みんな、東京に出てきてから仲良くなった友人なんだけどさ。あー、なんかここにいるの不思議だなぁって考えてたんだよね。もう上京して4年になるのかと思うと。

こっちに出てきてから、本当たくさんの大切な人たちが出来たし彼女たちや彼らがいるからわたしの東京生活はたのしいんだなと改めて感じました。オトナになってから友人は出来にくいっていうのは、全然そんなことないし逆だとおもう。

 

学生時代の友人には学生時代の友人の良さがあって、今でも仲良しな子達は多々いるけども、それは学生時代だからとかオトナになってから出逢うとか、そもそも時期の問題じゃなくてお互いがお互い尊敬していたり刺激をし合える、一緒にいて落ち着く、それが友人なんですよね。

 

だからわたしの周りには、刺激をくれる友人がたくさんいてみんなと話すと新たな考えにハッとさせられたり、知らない世界が知れたりするからすごくたのしい。刺激をくれる友人の存在は自分のアップデートにも繋がります。自分が全く知らない分野で活躍している話なんかは、ワクワクするし聞いているだけでピピピっと刺激が走る。

 

昔はあれだけ一緒にいたのに、いまは連絡先すら知らない・・・という友人ももちろんいますが、それは別にいまはお互いがお互いを必要としていないタイミングなのだから全然仕方のないことで、お互いが必要とするタイミングがあれば自然と人と人は引き合うものだと思います。

 

image

けやき坂のイルミネーションを見ながら、そんなことを思うのでした。

 

image

 

新幹線のなかでお昼ごはん。タンパク質、タンパク質・・・。

 

んーーーー物足りない。なにかが足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!