上海蟹の雄と雌を食べ比べ!実際どっちが美味しい?

 

 

上海蟹の季節が始まり、すでに数回頂いていますが・・・よく行く中華料理店筑紫樓にて雄と雌の食べ比べをしてみました。

 

この日はフカヒレの姿煮が食べたくて筑紫樓にお伺いしましたが、マネージャーの「上海蟹入ってますよ」の一言で。

せっかくだから食べ比べようということに。

 

0DAA5A27-5463-4BF6-8A23-A623699096EB

 

このとき動いていた上海蟹たち。

「選びますか?」と言われましたが、どういう特徴があって美味しいとかわからないのでオススメを、とお任せ。

 

A3BF63D6-E5DB-42FA-854C-039AB68C8B42

 

ちなみに左がオスで右がメスです。

見分け方としてはお腹のかたち、メスはまぁるいお腹をしています。そのほかには爪がオスの方が大きいという見分け方もあるようですよ。

 

11224561-5B92-49F4-931E-1D9BF3564579

 

対面方式(笑)

あかーくなって茹で上がってきました。

 

739690F8-7D9B-4D1F-A85A-0594BCDE379D

 

まずはメスの卵から頂きます。

メスはたっぷりの卵を持っていて、上海蟹の出始めのこの時期はメスが美味しいと言われています。

たっぷりとろんとした卵がたまりません!!!

 

 

ABCF2B07-4224-482A-8AE7-6F616B57BBD6

 

こちらはオスの白子と味噌の部分です。

通常ですと11月終わりくらいがオスの食べごろになるみたいですが、今年に関してはすでにその時期くらいに並ぶような大きいものがすでに入ってきているとのことでした。オスの味噌と白子はあっさりしていて食べやすいです。

 

メスの卵・・・濃厚

オスの白子・・・あっさり

 

って感じでしょうか。

 

B13C307E-8A4E-4FF5-8841-B77D30FAA7DF

 

こちらは身をほぐしてもらったもの、メスの身になります。

 

5E317B03-1591-4AB3-97D6-BEE3A353CF43

 

こちらも身をほぐしてもらったもので、オスの身になります。

 

どちらかと言うと身はオスの方がより濃く甘さを感じました。

どちらももちろん美味しいのですが、身はオスの方が好みです。

 

カニを食べると体温が下がると言われているので、上海蟹の後は生姜茶が運ばれてきて体温アップを狙います。

 

上海蟹以外で頂いたメニューは・・・

 

2E66535D-F3FC-46A4-A804-4AF4946F2E98

 

いつも注文するぷりぷりなエビ水餃子。

 

1F99EE8E-1275-4C50-AD33-FFEC81F8E7C7

FB281B6A-FD4A-40BC-97D6-C9CD3F39688C

DA78F2BE-DE4E-48BE-87DC-F1939B7BC061

 

ふかひれの姿煮。

筑紫樓のふかひれ姿煮がとにかく大好きで・・・♡これを頼まないときはないほどです。

鮫の種類も3種ありますが今回はヨシキリザメにしました。

 

鮫の食べ比べもしたことがありますが、それぞれ違った食感を持っていて結構違うんです。

個人的には青鮫が好きですが、ヨシキリザメやモウカザメにもそれぞれの良さがあって美味しいです♡

この日はちょうどいい大きさ(グラム)のものがヨシキリザメでした。

 

4F048392-70A3-48B5-9732-1B59C77995BC

 

ホタテと春雨の蒸し物。

 

F06E719D-F476-4CB2-8098-1C088BC2076E

 

〆のふかひれ煮込み麺。

夫がこの麺大好きで、ほぼ夫ひとりで食べます(笑)わたしはスープをすこし頂きます。

 

上海蟹もフカヒレもいただけてとっても満足なディナータイムでした。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!