日比谷ミッドタウン《鮨なんば》にてランチデート。

 

 

難波さんが阿佐ヶ谷にいらっしゃったときから通い続けているなんばさん。

日比谷に移転したのがこの春。

日比谷店にもだいたい月に1度のペースで通わせていただいています・・・!

 

195C13F0-B32B-43A6-9387-E92CD16E5D7B

 

帰りに2ショットを撮っていただきました。

 

9725B169-4319-44D1-9870-22E7D68627D4

 

つまみから始まります。

あわびとタコ。どちらも歯ごたえがありとっても美味しいです・・・!

 

8D199110-1EE7-4A30-BECC-FA0DFD6F0932

 

ボタンエビ。あまくってとろっとしててプリプリ。

 

1566ED36-B037-4E06-BFA3-072C9E52DD0C

 

キンキ。

味がしっかりしみていて、とても美味しい。

 

B605A885-63E4-4BDF-8ECA-2B9A73BFDF70

 

いわしの巻物。こちらはお米は入っていませんがたっぷりの薬味が入ってます。

ミョウガがとってもいいアクセント。

 

301BAC18-DD37-447A-A7FA-60C95420DD15

 

まぐろ。たーっぷりのまぐろがぎっしり詰まっています。

なんて贅沢!

 

FF61546F-01B1-424E-A1BB-7744277ABEF4

 

なんばといえばこちら、アナゴ。ぱりっとした焼き目のあなごは甘辛いタレが絶品。

さっぱりしたきゅうりと一緒にいただきます。

 

AEFA0367-ECAB-4814-9777-850D668623B6

 

烏賊から始まります。

 

A5D9F58A-6592-46A8-9333-3789E4A9CE19

C540590B-4344-449F-84D3-922FE54780C2

13842EAC-7841-44EE-9EC8-43C7053B5532

 

にぎりがテンポよく進みます。

シャリとネタの温度にこだわって一貫は、もうそれはそれは美味しく至福。

ネタごとにシャリの温度を変えているのはさすがです。

 

7363F808-3B7A-4B3B-9DB5-45D0260C1FDB

 

春子。

なんばの春子は厚切りでとっても食べ応えがあって大好きなのです。

 

96E687E4-5F76-4CC0-B490-076CBAF86808

 

きりりとしたコハダ。

 

27427B34-38CC-476C-B417-7D16E893547B

 

トロ。

見た目にも美しいトロもしっかり脂がのっていますがくどくありません。

 

DDB4F7BB-BA2D-401D-9FA0-A1401E51C729

 

ホッキ貝。

貝類がとっても好きなので嬉しくなりました。貝類はシャリの温度は低めに設定するみたいです。

 

017734CD-6A01-4B39-A13C-7D665FE54AD5

 

厚切りの鯵。

 

518A9C6D-D18E-44DD-AD39-D4A0B1F5D9C5

 

ぷりぷりっとした車海老。

 

74D328BF-910A-4FE8-B8F8-480BD8C84D81

 

いくら。

ぷちぷちしたいくらを想像していたら、潰したいくらをシャリにかけたスタイルでした。

 

4FDED593-4D8A-4228-B27C-60B6EB7FDBA2

12F9880D-5F4F-45A9-A31A-E2B397299A10

 

ウニ。

 

F5DDE328-5D77-4804-A9C3-4D37213E087A

 

さんま。しっかり脂が乗ってます。さんまを食べると早くも秋を感じますね。

 

BE57EB1F-2461-4D63-ABFE-9F42E3F35B9A

 

たまごでフィニッシュです。

 

お昼からなんて贅沢な時間なのでしょう。

どのネタもバランスよく、全ておいしくいただきました。

特にお気に入りだったのは春子とホッキ貝です。肉厚で食べ応えがありながらもシャリとのバランスもとてもよくて本当に素晴らしい一貫でした。

 

また次お伺いするのがいまから楽しみです。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る