もう最高に美しく、美味しいお鮨。みんな虜になるさいとう劇場【赤坂 鮨さいとう】

 

 

念願のさいとうさんにお邪魔してきました。

ずっとずっと行きたくて、でも行く機会がなかなかなくて・・・やっと伺えたお店です。

 

8月は食運がついてるような気がします。

さいとうさんも伺えたし、ずっと行きたかったカンテサンスさんにも伺えたし、かんださん、とかみさん、レフェルさんという大好きなお店にも行けて幸せです。(おいしいものが大好きです)

 

今回は、お世話になっているWakiyaの萩原さんと一緒に。

 

image

 

アークヒルズサウスタワー1階にあります。

 

つまみからいただきます。

 

image

 

タコとあわびから。

 

image

 

かつお。

 

image

 

いくらと雲丹。

 

image

 

泡系のしゅわしゅわお酒はずっと苦手だったけども、最近ちょこちょこ飲むようになりました。

(まだ得意ではない・・・)

今回も一杯だけいただきましたが、しゅわしゅわ♡すぐ酔っ払いました・・(3口で酔っ払うんだよねぇ)

 

image

 

焼き物はのどぐろ。とろとろなのどぐろは旨味がたっぷり。本当美味しい・・

 

image

 

握りがスタートする時。

綺麗に並べられたお魚たちが本当に美しく綺麗で見とれてしまうほど。

食べてもちろん美味しいけども、目でも楽しむ華やかなお鮨ですね。

 

imageimageimage

image

 

好きな食べ物はずっとお鮨なのですが、好きなネタはどんどん変わってきますね。

昔はトロや雲丹などが大好きだったのですが、そこから穴子になり、最近はもう光物が大好き。

(もちろん穴子も白身も赤身も魚卵も大好きです)

 

コハダや鯵、鯖などの光物に目がないです。(コハダが出てきた瞬間わかりやすくテンションあがります)

 

imageimage

 

赤身。

 

imageimage

 

とろ。

 

image

 

烏賊もねっとり美味しい。

 

image

 

海老も肉厚で甘みがあってたまりません・・・!

 

「美味しい!」以外の表現方法が知りたい!!と言うと

「おいしいが一番です」と答えていただきました。。(だよねだよね。)

 

image

 

鯵。

 

image

 

はまぐり。

 

imageimage

 

雲丹。

 

image

 

ふわふわ穴子。

 

imageimageimageimage

 

お味噌汁、かんぴょう巻き、デザート感覚のたまご。

お味噌汁は具がなく上品な香り高い味、体に染み渡ります。

かんぴょう巻きやたまごも申し分ないほどに美味しくて美味しくて・・・本当幸せでした。

 

全てのバランスが良いお鮨で、温度やシャリとネタのバランスはもちろんなんだけども、お店の雰囲気だったりだとかお鮨を握る姿の美しさだったりだとか、お鮨が舞台に立っているような、なんかそんな感覚にすらなるほどのさいとう劇場。

 

周りの食通な方々がこぞって愛する鮨さいとう。

それだけ支持される理由だったり愛される意味がわかりました。(まだ一回だとわかりきれていないので、もっと通ってもっと魅力に浸かりたいです)

 

予約もいくつかキープして後にしました。(次回は1月です)

 

口に入れると自然に笑顔になるおいしいお鮨は、本当に幸せ♡♡♡

萩原さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

CATEGORIES

ページ上部へ戻る