清涼感あるお食事、夏のかんださん【麻布 かんだ】

 

 

定期的に通っているお店の1つのかんださん。

(運がよく月1で通わせて頂いてますが、わたしにとってはとても特別なお店です。)

 

先月は母親を連れてきたのですが、いまだに「かんださんの鮎おいしかったね。」と話題に出るほどです。

 

image

 

メニューはあまり変わっていませんでしたが、ちょこちょこ違うものも。

 

image

 

いちじくの白和えから始まります。

トロンとクリーミーな白和えは、もっと食べたい・・・と食べるのが惜しくなるほどに美味しい。

こんなにまろやかな舌触りの白和えはここでしか味わったことがありません。

 

image

 

あわびと雲丹は、弾力のあるぷりぷりむぎゅむぎゅのあわびに濃厚な雲丹がなんとも贅沢・・・!

 

image

 

お刺身は2種ですが、1種目は鯛の炙り。

鯛ってこんなに歯ごたえがあるんだと思うほど。それは固いとかではなく心地よく噛み心地がよい歯ごたえでした。

 

image

 

ふたつめのお刺身はマグロです。

わさびに塩をつけて、そのわさびをつけて頂きます。脂の乗ったマグロは塩でさっぱりと。

 

image

 

鯵の棒鮨は、木の芽がアクセントになってます。

 

image

 

毛ガニのしんじょうは、この日のいちばんお気に入りなお皿になりました。

(やっぱりわたしはお椀が大好きなんですよねぇ・・・)

日本料理の良さっていろいろあると思うけども、わたしは圧倒的にお椀や出汁だと思います。

毛ガニの甘さ、しんじょうのふわふわもちもち感・・・もう本当に本当に美味しい以上の表現方法が知りたい!

 

imageimageimage

 

鮎はひとり2匹。頭も苦味がなく、焼き加減も絶妙。まちがいなく最強の鮎だと思います・・・!

 

image

 

太刀魚もフワフワしっとりで最高でした。

 

image

 

お口直しのごまみそのおそうめんは、さっぱり美味しくツルツル食べれちゃいます。

 

image

 

このお肉が食べたくて来てしまうくらいの本当にお気に入りの宮崎牛のステーキは牛カツぽくうっすら衣を。

お肉の甘さがしっかりあるのにあっさりしていてまったくしつこくない。

付け合わせのクレソンのサラダも大好き。

 

imageimage

 

ごはんものは、天然うなぎを使ったちまきでした。

うなぎが大好きなのでこの季節はテンションがあがりますね・・・!

フワフワな口当たりのうなぎは上品に味付けされており、まったくくどくない。もち米のもちもちした歯ごたえが楽しかったです。

 

imageimage

 

デザートは2種類、桃と巨峰のデザートとしょうがのアイスクリームです。

しょうがのアイスクリームが個人的にお気に入りでした。

なめらかで上品・・・!食後にぴったりのデザートでした。

 

鮎やうなぎ、無花果や鯵・桃など今の時期ならではの食材で季節を感じながら目で見て香りを楽しんで、味をたのしむ。

美味しいという言葉では表せられないほど「丁寧」なお料理だなと感じます。

ひとつひとつのこだわりや、食材の良さがとても伝わって来る、そんなお料理たち。

 

つぎは秋の食材になっているのかしら・・・♡秋も大好きな食材で溢れているのでいまからたのしみです。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る